banner

屋外の水道修理事例

水道修理が必要になる事例として最後に紹介するのは、屋外の水道管に問題が発生してしまった場合についてです。屋内や敷地内の水道に問題が発生しているわけではなく、屋外の水道管に問題が発生している場合、これについては自分で水道修理を試みることはできません。公共部分の水道工事については、水道局指定工事店という認可を受けている業者以外が行うことができないルールとなっているためです。そのため、それらの上下水道において問題があることが疑われる場合には、自分では水道修理を行おうとせず、水道修理業者にすぐに連絡するようにしましょう。

もし自分で水道修理を行ったり、認可を受けていない業者に依頼をした場合、その後問題が発生した時に自治体から何かしらのペナルティを受けることになる可能性があります。水道の利用ができなくなるというケースもあるため、十分注意をして対処に臨むようにする必要があるでしょう。

このような水道修理の問題については、そもそも自分では原因がどこにあるのかを特定できない場合が多くあります。例えば上水の汚濁や、下水の悪臭等がある場合、まずは水道修理業者に点検を依頼し、その原因がどこにあるのかを探す所から始めることになります。

Copyright©2017【水道修理に強いクラシアン】 All Rights reserved.